少年野球の悩み解消上達テクニック教えます

陸上部出身のお父さんが子供と向き合いながら学び教えエースになるまでのプロセスを振り返り、学童野球から中学硬式チームへ進んでいく変遷を生かし分かりやすくお教えします

静から動 動から動

私は元陸上部ですが、100m走のような競争の場合、競争を公平に進めるため静の状態いわゆる止まった状態からスタートします。

しかし一歩でも半歩でも動き加速しながらスタートした場合止まっているより速いのは誰もが想像できますし記録も間違いなく速いことが証明されています。

野球の場合も送球、投球、打撃どれにおいても当てはまります。静の状態から突然加速を開始するのでなく予備動作を作り擬似的に加速状態を作ることがパフォーマンスを上げるひとつの技術だと解釈しています。

野球界では割れという言葉が多用されます、打撃であれば走りながら打つことはできませんそのため右打者であればグリップの位置と踏み込む左足の位置を広げ伸ばされた状態を作ること、守備であれば捕球からの送球時に右肘と左肘を開く動作を作ります、この動作のことを割れと言いゴムの様に体を伸ばした状態を意図的に作るということです。割れを作る動作そのものが加速であり伸ばされたものが縮み元に戻ろうとする力を加速の補助として使っているのです。また捕球後のステップも送球までの加速を生む動作と言えます。

プロや高校生の捕手も今ではフロントステップという前に動くステップが主流となってきました、小さい補助動作からのフロントステップの技術が向上し送球動作自体の速度アップがそのまま送球スピードにつながります。

割れを作れ、割れを作れと指導者は言いますがその重要性は静から動という非効率な動作から動から動という効率的な動作を生み出す指導であることを理解することが重要です。

走塁の応用編

走塁についての続きです、3塁の時の判断です、どこにボールが飛んだら進むのかこれは結構難しい判断です、小学生時期ではそれをある一定の基準にて覚えることから始めましょう。ゴロでも自分に近づく打球は走らないピッチャーゴロも含めて。反対に自分から離れていく打球1塁ゴロ、2塁ゴロではスタートというように動作を自動化させるということです。自分に近いゴロはそもそもタッチされやすくホームへの返球も早いですがしかし離れていく打球はキャッチまでの時間と送球までの時間の間にホームに戻れます、でサードやショートゴロの場合は一塁へ送球した後はホームに生還できます、ただしサードやショートが3塁ランナーを牽制した場合は判断が必要です。投げる振りをしてダッシュを誘う場合もあるのでこの辺りの注意は必要です。

学童野球の場合は塁間が狭いため1塁へ送球後でも比較的間に合う可能性も高いのです。

次に2塁への盗塁ですが前の投稿で脚を見て判断ということを書きました、初期段階では牽制でなく投球だといつ判断するかがスタートの肝です。右投手場合クイックでも左足を振り出した場合まず牽制できませんので足をあげる、またクイックで降り出したタイミングをまず掴んでください。左投手場合は足を上げても牽制が来ますので打者側へ振りだした瞬間を見極めましょう。

正しく早く見極めることを癖付けさせることが重要です、小学生時期では盗塁の失敗は付き物です、せっかく塁に出たのでいつ牽制来るのかいつ盗塁のスタートを切ったらいいかこの基準を理解させるところから始まります。

避けなければならないのは見切りスタートです、今牽制来ないかもしれない、2球牽制来たらもう来ないだろうという油断が大きな舞台でミスが出る要因につながります。レベルが上がるとキャッチーから牽制のサインがでます。正確にスタートが切れ正確に戻ることができれば思い切ったスタートが切れます。

ミスを減らし確率上げることが重要と理解させることが高学年そして中学でも通用する走塁を身につけるきっかけになります。

投手を経験しない子が大半です、どうやって牽制するかという投手の動きを体験させるのもいい勉強かもしれませんね。

まず始めに覚える走塁

学童野球期のそれも始めの頃に覚えなくてはならない技術の一つに走塁があります走塁の技術は効率的に走る技術、次の塁を狙う技術、リードと帰塁、盗塁、に分類できます、ここで言う技術は走り方そのものでなく野球の走塁に特化したものです。

まず効率的に走る技術ですが簡単に言うといかに小回りするかという技術です。早く小回りしようとすると遠心力がかかり外に膨らんでしまいます、ストライドを広く思いっきり走ると必ず膨らみそもそも走る距離が増えてしまいます、ではどの様に小回りするのかそれは体を内傾させることです、内傾するには右足と左足どちらも角度を付けて角度を維持することまたストライドを広くしないこと学童野球では動くベースの為ベースを蹴って加速させることは出来ませんがミニベースランを繰り返すことでそのコツを掴むことが重要ですその技術で遠心力に負けなくなり小回りを効かすことができます、次の塁を狙う技術ですが1塁で起きる次のプレイは盗塁、バントによる送り、内野ゴロによるダブルプレー防御、という1塁から2塁へというケースが多い為直線的に最短距離を走ることが重要です。これは一塁の1番外側から二塁へ直線を敷くと二塁ベースの真ん中なります、そこが最短距離です、走り方は過去の投稿で述べた通りです。では二塁の場合はスコアリングポジションと言われる位置の為どうやってホームベースに帰ってこれるかという課題が優先になります、その為三塁は通過することが前提なります、三塁から90度には曲がれませんから三塁までは曲線で通過して三塁から本塁へは極力直線で走ることが効率的です。

リードと帰塁ですが特に一塁で重要な技術です、リードはどこまでするのか小学生6年生が身長150から160くらいとしましょう、手を伸ばすと約200センチです。そして投手が牽制開始しボールが1塁まで到達するまでに早くて約1秒です、1秒でどれだけリードできるかということですが小学生の全国トップの子で10m2秒弱です。1秒ならば4m弱で遅い子ならば3mくらいでしょう、さらにはリードは半身ですからせいぜい2、5mほどでそれに2mを足して1秒ギリギリ戻れる最大値は4、5mほどでしょう。それが最大ですから走力によってそこからリードが短くなります。リードの限度が見えたら帰塁のコツですが投手のどこを見るかという考えは諸説ありますがコツみたいなものを外すと脚を見るのが1番確実です。投手がプレートを外したら牽制が来る可能性です、外さなくても踏み込み足が一塁方向に踏み出したら確実に牽制です。踏み込み足が打者側に着地したら確実に投球です。この当たり前の動作をいかに早いタイミングで見切るかが技術になりますがまずは牽制の可能性があるのかどうかという基準で投手の脚を見て判断するところから始めましょう。

これ以外にも三塁からの走塁判断や盗塁については別途述べたいと思います。

守備は絶対評価バッティングは相対評価

守備を重視するチームとバッティングを重視するチームがあります。どちらが良いということではありませんがその特色について述べます。

守備は絶対的なものバッティングは相対的なものと言えます。守備で身につけた技術は相手チームによってもあまり影響は受けません、多少の打球スピードの差はあれど転がってくるボールを捕って投げると言う動作は技術をどれだけ習得したかによってその価値が決まります。

しかしバッティングに関しては相対的であると考えられます。学童期においては投手も1年で大幅に成長します。敵対する投手に対して同じ成長スピードでないといずれ打てなくなります。

学童野球は1年の発育による差が最も出ます。勝利を意識するのであれば5年生後半からの最期のシーズンはバッティング練習を重視して発育による相手チームの投手成長よりも早いスピードでバッティング技術を上達させなくてはなりません。バッティングの練習比率の向上と練習試合におけるバッティングの重要性を上げていかなくてはならないと考えられます。そうすることにより球速への対応や緩急への対応コーナーワークへの対応ができ打率向上となり得点力アップにつながり勝利に向けての確率も上がると考えられます。

ボール持ち替え技術

グローブを購入し始めてキャッチボールができるようになった頃からキャッチ技術があることを知ってトレーニングを積んで来た子とそれを知らずにトレーニングを積んで来た子ではそれは大きな差となります。

手のひらでキャッチすることの重要性を以前にも伝えていましたが、ウェブでキャッチする癖がついてしまうと持ち替えに時間が生じてきます。中学校以降の内野ではそれがウィークポイントとなりレギュラー獲得にとって障害になります。学童野球期であればまず手のひらでボールを掴むことから始めボールキャッチとともに送球する手を添えて持ち替えが始まります。これを繰り返し繰り返し練習することにより時間短縮されグローブに当てたと同時に持ち替えが発生し送球までスムーズに移行していきます。しかしその技術もウェブで捕球する癖がついていたらまず持ってその技術は身につかず捕球から送球まで時間がかかり内野としての技術が不足することになります。

まずは手のひらでしっかりボールを掴むことから始めてスムーズな持ち替え技術を習得する準備を進めていきたいですね。

バックハンド是非

野球では良く耳にする逆シングル、正式にはバックハンドと言います。バックハンドは良くないと指導者は言いますが本当のところはどうなんでしょうか。

送球や打球をキャッチする基本は体の正面で取ること、もう少し具体的に言うならばキャッチ後送球しやすい場所がいわゆる正面と言う言葉に通じると考えます。アメリカや中南米では幼少の時期からキャッチのひとつの方法としてバックハンドを教えています。バックハンドにおける正面は左足の左側でなくおヘソの前です。おヘソの前で捕球すれば正面でキャッチする場所と同じ場所です。グローブの向きこそ反対を向いていますがキャッチ箇所は同じです。この場合は最も捕球しやすい場所であり次の送球しやすい場所とも言えます。

野球が国際的になるにつれてプレーも合理的になりいずれ中南米の技術が一般的になるのではないかと思いますが今の日本ではまだ普及していません。合理的なのになぜ普及しないのか、それは小学生時期はまだ肩も弱く仮にショートの深い場所でバックハンドでキャッチし助走なく送球した場合肩に負担がかかります。これがバックハンドのマイナスイメージの原因なのではないかと思います。

確かに打球の右から入り正面で取り助走をつけて送球した方が体にも優しいですね。

できる限りショートはサード寄りに位置し助走を付けて送球することで無理な送球は防げるでしょう。

ですがバックハンドで捕球できることに越したことはありません、そもそもサードはライン際はバックハンドですしセカンドはそもそも送球距離が短いです。

他の技術同様学童時期に身につけておく技術のひとつかもしれません。使う使わないは中学以降のチーム方針に沿いますが、捕球技術のひとつとして考えた方が良いかもしれませんね。

技術と力感の解釈

技術力は長い間練習していない、体力の変化などにより落ちていくことがあります、しかし毎日練習していても子供の時期は客観的な立場から気付かないと本人の解釈から変化してしまいます。子供のうちは軽く投げるよりも力感が伴い投げる方が正しいと思いがちです。本来の力感とは身体全体を効率よく使いそれが流れるように動いていく様に感じられるものです、子供の力感とは小さい筋肉を過度に使用する力感に頼りがちです。小学5年から6年にかけては体の成長期による筋力アップがとかく勘違いの始まりとなりますのでそこを指導者は理解しながら技術習得に励まなくてはなりません。

今回の実例は投球における上体の使い方に技術のズレが発生しました、上体の機能は背骨を軸とした回旋運動により動力を生み出しますが、体を被せる前屈運動に頼った投球フォームに変化していました。結果リリースポイントが安定せずまたキャッチーミットを直視できないため目標物も見失ってしまいます。改めてどのように使うべきか修正する必要があります。技術とは積み上げながら習得させるものでありながらその途中では個人の解釈によりスレが生じてきます。そこを早期に気づき正しい技術に修正することで間違った癖がつく前に前進することができます。