少年野球の悩み解消上達テクニック教えます

陸上部出身のお父さんが子供と向き合いながら学び教えエースになるまでのプロセスを振り返り、学童野球から中学硬式チームへ進んでいく変遷を生かし分かりやすくお教えします

バッティングの初期指導

長男と次男との年の差が4つあります。次男は小学4年生です、バッティングにおいては初期指導が終わる頃です。長男と次男では技術指導のタイミングが違います、長男は思いっきり振ることを優先させ技術指導はだいぶ遅れてから、次男はまず最低限の技術を教えてその後自由にやらせています。

兄弟とも進行系なので正解はわかりませんが現在の地点では技術を教えて自由にした方が良いと感じています。

長男は思いっきり振らすことを優先させたが故に頭が動くいわゆるスエーし開きが早いクセがつきました、高学年になり技術指導を開始しましたが、やはり癖はなかなか治りませんでした、中学生になっても時折その癖が顔を出します。癖と言うものは幼少の時から作られている為そう簡単に治るものではありませんでした、方や次男は3年生時にスイングの初期技術を習得させました、そのため長男の様なスエー動作はありません。

癖は治すのに時間もかかりますしとにかく遠回りになります。気持ち良いスイングは技術向上の妨げなります。

実のところその裏側にあるものは、父親である私自信が長男が幼少の時バッティングのメカニズムの理解に乏しかったため教えられなかったと言うのが本音のところです。

やはり野球と言う競技は投げる、捕る、打つと言う三大技術をまず持って教え習得させることが重要でのち強豪チームになったりスラッガーとして成長したりするのは初期指導が上手くいっていることでありそのため回り道や修正に時間をかける必要がなくなりスムーズな成長が見込めると実体験から感じています。