子供の野球を上達させる方法教えます

陸上部出身のお父さんが子供と向き合いながら学び教えエースになるまでのプロセスを振り返り、学童野球から中学硬式チームへ進んでいく変遷を生かし分かりやすくお教えします

長いレベルスイングについて

前回はバッティングのミートポイントについて触れました。今回はミートする上で重要なスイングの軌道について触れてみます。

バッティングは投手と言う相手があるためコースやスピードなど毎投球変化します。変化に対応できることが打率を上げるコツになります。

ではどのように対応すればいいのかポイントを下げることは変化を捉え対応する手法の一つですが小学生の間はなるべく前さばきの方がいいと前回も伝えています。

ではどうやって変化に対応するのかと言うことですが、それは長いレベルスイングをすることです。投球は投手から捕手のミットまで直線で軌道を描きます。それを仮にダウンスイングすると接点は点になります。その場合少しでもタイミングがズレれば当たらなくなります。しかしレベルスイングが長ければ長いほど投球の軌道に対し線で捉えるので多少タイミングがずれても当たります。しっかりバットの芯に当たりさえすればタイミングが遅れた場合は流し打ちになるし早い場合は引っ張りになります。ある有名なプロ選手はバッティングはセンター狙いでタイミングが遅れた打球が流し打ちになる、だから一度も流し打ち狙ったことがないと言ってました。

この選手流し打ちの名人と言われた選手です。この発言からもレベルスイングの重要性を推し量ることができます。

またレベルスイング右バッターであれば右手のスイングの返しが早いとレベルスイングは短くなり返しが遅れて右バッターであれば体の左斜め前方でバットが切り返しされることでレベルスイングが長くなりますこれができれば打率が上がります。