子供の野球を上達させる方法教えます

陸上部出身のお父さんが子供と向き合いながら学び教えエースになるまでのプロセスを振り返り、学童野球から中学硬式チームへ進んでいく変遷を生かし分かりやすくお教えします

打つと言う動作

さて今回は打つという動作です。

野球を始めたばかりの子供にバッティングの

ことを教えるのは実は気が引けます。

小学1、2年生くらいまでのバッティングはあまり細かいことを言わずに力一杯振るということに慣れた方がいいです。

まずはバットの重さに慣れることそして思いっきり振る経験が次の段階で役に立ちます。大切なのは、飛んできたボールに当てるということを意識するとボールは飛んで行きません、まずは思いっきり振ってそれで当てる練習の方が飛んだ時に楽しいです。野球は楽しいものと言う意識を受け付けさせることがバッティングの醍醐味です。

ミートする感覚を掴んだら技術的な指導を進めていきます。今回はあまり具体的な技術の話をしませんでしたがバッティングの細かい技術は次回に